Beyond The Otaku

軍艦島と龍

黄色いBlogのアニキから最初に軍艦島云々の話しを聞いたのは確か今年の正月休みに日本に帰ってきた時のこと。この人は宇宙に行くとか(行ってない)面白そうなプロジェクトいろいろやってて今度は軍艦島かよ !! うらやましい!とか思いつつも、そん時はふーーーーんと流していたのだけど、4月になってよくよく話しを聞いてみれば、あの稀代のラクガキ王寺田克也が絡むわ、その軍艦島も制限エリア内に堂々と入れるわと、なんかめちゃくちゃ面白そうなお話し。
アニキ!お、おれもお手伝いします!!

仕事終えて前日の羽田からの最終便で長崎に入りアニキ達と合流。長崎はがっつり雨…

そして明けた5月25日 Xデー当日。

雨は止んでる。
そして雲は重く垂れ込んでいる。
テレビのニュースでは海上は濃霧だとか。
つまり風は弱く凪の可能性。

アニキによれば波高が高いと軍艦島に上陸そのものが出来ないらしく、そして今回のミッションのひとつ、軍艦島でのエアリアル撮影にも風は大敵。つまり最高の軍艦島日和!そして青空じゃないのも巨大廃墟の軍艦島にはぴったり!とのたまうアニキ。

 

ここで今回のプロジェクトのおさらい。
以下のリンク先へどうぞ。

寺田克也 四龍プロジェクト “ 長崎の離島四島を巡り、龍を描く旅 ” 第一島目 高島:2016年3月17日/ 第四島目 伊王島 アートフェスティバル【BLUE FES】:2016年7月23日

よくわかるプレスリリース
アニキの公式での立ち位置はそういうことらしい。

 

そしておれの立ち位置はというと、そこはやっぱりエアリアル撮影!…ではなくそっちには今やそっち業界では売れっ子中の売れっ子、株式会社JOUERの山崎さんをアニキは招聘。

GnknIslnd_1_01おれなんかの出る幕なし!笑
ということでおれの立ち位置は従軍慰安士としてアニキの、、じゃなくて従軍カメラマン的スチル担当ってことで参加。

 …

ホテルを出発し長崎港のとある桟橋へ。

GnknIslnd_1_02

すでに軍艦島ツアーに参加する観光客が列をなして桟橋に。
この観光客向けツアーを主催している“軍艦島コンシェルジュ”の皆さんが今回我々を軍艦島に連れていってくれるらしい。

ここでアニキ達本体と別れて山崎さんらエアリアルチームとスチル担当オレはそのツアー船に同乗して一足先に軍艦島へ

GnknIslnd_1_03

しばしの船旅、
そして見えてきた!お初です!軍艦島、本名端島!

GnknIslnd_1_04

まさにBattleship Islandという字名通りの威容

通常観光で上陸出来るエリアはここから見て右の舳先、前甲板のあたりのみ。第一砲塔界隈はもうすでにオフリミットエリア。寺田克也(あえて敬称略で)が龍を降臨させる&raitankが撮影するのはずーっと後ろの後部甲板ということで否が応でも盛り上がる!

観光客が上陸したあと機材担いで最後に上陸。
そして長崎市役所職員の手によって禁断の扉が開けられる!

GnknIslnd_1_05

島の瓦礫の上を歩いてるかと思いきや、足元はすべて人工の構造物。そこかしこが抜けている。うほー!すでに危険地帯!

GnknIslnd_1_06
そして仰げば写真でしか見たことがない廃墟のシルエット。うわー…と感傷に浸ってるヒマもなくここでの上陸組み4名は重い荷物持ってひいひい!なぜなら寺田克也&クルー本体は別船で軍艦島後部の上陸ポイントに直に接岸&上陸することになっていてそこは島の反対側。そしてすでにすぐそこまで来ているとの連絡が!

先乗りエアリアル部隊のタスクは出来れば上陸シーンを島側から云々かんぬん、走れー!w

なんとか本隊上陸前に到達して、山崎さんは無事に1フライト完了。

そして今回のプロジェクトの主役も無事上陸。

GnknIslnd_1_15

 

 

山崎さんが持ち込んだのは山崎フリートの中でもたぶん小さい方になると思うヘキサ。そこにFreefly MoVI
サブ機としてあわよくば建物の中飛ばしちゃる的なPhantom4はDJIからの供出品

GnknIslnd_1_09

黄色いアニキのカメラはURSA mini 4.6K raitank ver.
あっちのblogじゃサブ機と書いてあったけど、どうやらすでに一軍昇格した模様。

 

そうこうしてるうちに、寺田克也ライブドローイングは始まる。
最初のステージはあの有名なX階段下

GnknIslnd_1_10

この多くのギャラリーはメディア等プレスの方々。

GnknIslnd_1_12

手前の方はアニキのblogでお馴染みのミラノのあのプロジェクトのアーティスト/デザイナーの石浦さん

場所を移したその先は65号棟中庭

GnknIslnd_1_13

そうあの007スカイフォールのあの場所(のモデルとなったとこ)

ここではヘキサが空からラクガキ王を狙う

GnknIslnd_1_16

GnknIslnd_1_17

 

気づけば空は阿呆みたいに晴れ渡り。
風はほぼ無風。
ああ、なんてマルチコプター日和なんだ!!

GnknIslnd_1_19

 

その後も場所を移してドローイングは淡々と進む。

GnknIslnd_1_18

日没近くなりドローイングは完成した模様。

うん、めっちゃかっこいい。

 

帰りの船の中。
みんなぐったり。
心の中で全員が「シャワー!そしてメシ!ビール!」と叫んでる。

おれは「寺さんにサイン、あわよくばなんかイラスト!」とか思ってるんだけど書いてもらうものなくて結局言い出せず。

 

これで三島終わったこの四龍プロジェクトの締めくくりは、7月23日の伊王島で行われる”アートフェスティバル BLUE FES”で締め括られるらしい。お近くの方もそうでない方もどうぞこぞって伊王島へ!

以上従軍記事終わり。
次回は私的軍艦島ツアー的ノリで!

9 Comments

  1. はやっ! muuちゃん、めちゃ早っ!(ぼくは、まだ収録データの整理中です(汗))。しかも、なんなんですか、この写真のカッチョいいグレーディングは! しっとりと彩度高めの色がのってるにも関わらず、ガンブルー調の硬質かつモノクロームな雰囲気。見習わせて頂きます。& 次の私的なほうも心待ちさせて頂きます。(^_^)v

    • アニキ、お疲れさまでした!!そして楽しいおもひでをありがとうです!

      早いのは、まあ写真にキャプション入れてるだけですし!

      >グレーディング
      うは、微妙に抑えてやったのに鋭いっすねえ。ほんとはもっとがっつりやってやろうかと思ってたのですけど、ルポルタージュなのでほどほどにしておいたのに食いつくぐらいに気づくとはお見それでやんす!!

  2. んもう、悔しいくらいに行きたかったわっさ、、、。
    写真も文章も素晴らしくって悔しさ忘れてほーっと癒されてますw

    • ragiさん、めっちゃ楽しかったですよ〜。
      上のBTSは多少かしこまって書いてますが、もっと裏話書きたいぐらい!
      黄色いblogでそのうちアップされる映像を楽しみに待ちましょう!!

  3. お疲れ様です
    楽しそうですねぇ~
    映像楽しみにしてます^^

    • ああ、otさん、楽しかったです。そしてotさんの庭の九州に上陸したのに挨拶に伺いませんであいすいません!!w

      • 今度都内に行くときは飲みましょ~^^

      • ぜひぜひ!

  4. お誘い頂いたんだよなあ。
    みんなビンボが悪いんや!(つまり自業自得)
    んでも日曜の手弁当現場ではURSAさんいたので視姦して参りました。
    プロの撮影監督の働きっぷりは勉強になります。
    私は血糊の養生してただけですけどね!

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)