Beyond The Otaku

eチャリを組む#6 [Wiring & β-release]

ちょっと水増し気味なのでそそろそろクローズしちゃうか、なeチャリネタ。ただ堂々のフィナーレ!!とは仰々しく言えないことが悔しいところ。でもまあ Season1 的には今回で完結

ワイヤリングを夜なべして仕上げる。
Shimanoの純正シフタースイッチをバラして基板(通信ユニット)摘出、
LKeBke_06_21

ハンドル内に仕込んでおきにのスイッチをシフター化。
LKeBke_06_22

モーターユニット用のコントローラースイッチ。
LKeBke_06_24
ハンドルにインテグレートしたかったけど諦めた。
φ21.5用のスイッチをここに設置するために内部がシリコン漬けになってたブツをばらしてリューターで裏側削って径を拡大とか小学生レベルの工作敢行。オトナなんだから3Dプリンタとか使ってスマートにいけよっ。 ケーブルを内装にして再ハンダ。そういや3Dプリンタ、こっちにきて実は買ってしまってた。今回グロメットとかいろいろ作ろうと思ってたのに調子悪かった。このポンコツ!

モーターユニット用の無駄にデカいディスプレイをどうしてくれようか、こうしてくれよう、なマウント。本来の使い方は上側に逆向けに付けるもの。上部にGARMIN、下にGoProぶら下げて使うマウント。

LKeBke_06_23

ブレーキとギア調整して、最後にバッテリー載せて完成!

チュンチュンチュン。

シェイクダウン&テスト走行のために早朝外に持ち出す。
乗り物の初乗りは早朝に限る。靄なんか出てるとなおよし。建物から外に出るときはオーバークランクで。(うわハナニツクw)

出来上がりを初めて外で見る。

LKeBke_06_04

うっひー!

かっけー!

LKeBke_06_05

チャリのようなチャリでないような、このオーラ!

とまあ朝日に向かって叫んでみてるけど、ここ一ヶ月部屋の中でずーっと工事中で見すぎてちょっと見飽きたというのが本音w 若干感動が少ない(苦笑)
いやしかしこのバイクはバックシャンだな(死語)
多くの中華バイカーたちがこのおれに後塵を(中略)拝むのだ。

 

感動の少なさの理由のひとつがフレームにおわすこの巨大な御神体風ボトル型バッテリー。

LKeBke_06_10

ほんとならフレーム内装に拘りたかったバッテリー。
諸般の事情でムリポと分かるも外付けでもカスタムバッテリー作っちゃうもんねー、と溶接機やらなんやらかんやら買いこんだのだけど、イメージが遥か彼方すぎて終わる気配が見えない。つまりβリリースとはこのバッテリーが不本意で妥協なわけなわけ。

コックピットまわり。

LKeBke_06_06

ケーブルはここが一番コンプレックスな場所でそれでこうなのだから頑張った方。ちなみに逆側だとほぼケーブルが見えない風になっている。おしゃれグロメットが作れたならリアブレーキは内装しちゃる。

LKeBke_06_07

ShimanoのDi2用のディスプレイは蛇足だったと反省。
表示部をハンドルにインテグレートする計画もあったけどいろいろあって実現せず。せめてものな思いで銀ピカの飾りベゼルは真っ黒にヌリヌリ。

さていよいよ初乗り。

アシスト無しでチャリとして漕いでみる。

初めてモーターが届いたときBBのシャフトを手で回そうとしてうんともすんとも動かなかった記憶が蘇る。こりゃあノーアシストでは乗れないバイクになるのか?!と思ったのだけど、、

おお、普通!w

あのFat-E-Bikeとは別次元の軽快感!
手では回らなかったけどクランク付けりゃそりゃ回るか。そしてこのeチャリ、どうやらかなり軽く仕上がったっぽい。計ってみるとバッテリー&モーター込みの完成重量17kg!どれだけ軽いかというと、ちょっと前に買った電動キックボードが16.5kg!ほとんど一緒!w

持ってみても確かに軽い。
普通に「ちょっと重めのチャリ」ってな感覚。数kgの余分なオモリが載ってるようには感じない。

蛇足ながらモーターとバッテリーがなかった場合を計算してみるとほぼ10kg
フロントサス、ギア付き29erとしてはかなり優秀かもしれん。

そしていよいよモーターに火を入れる時。
1.21ギガワットの電流イン!

ウッッッッヒャア!
なにこの加速感!

前傾ポジションでもちょっと前が浮き上がる感覚。

ちなみにかなりのジャジャ馬マシン。

本来なら取り付けるブレーキのフェイルプルーフもアクセルレバーもハンドル周りをスッキリさせたくて(ケーブルがわらわらと増えるので)今回はキャンセル。アクセル無しということはこのeチャリは完全なPedelecでつまりペダルを回さないと動かないアシスト付き自転車。なら振る舞いはジェントルかと思いきや、全くの大外れ。

試走のとき「ちょっとここでUターン」とうっかりペダルを動かしてしまったらMAXパワーのアシスト!チャリだけ飛んでくかと思った。

そこに加えてのこの直線番長なハンドルとそのジオメトリーと、このカーボンサスのマジカルな動きが、、たぶん相性最悪。わははw

LKeBke_06_08

各部オッケーっぽいので空いた道路でいよいよ本気走り。

アクセルレバーがないので無負荷の素のモーターだけのパフォーマンスは分からんけど、そこそこ人力のサポートが入っての結果は?iPhoneのGPS計測で53.81km/h!
でた!50km/hオーバー!

LKeBke_06_25

手元のGARMINでも54.01km/hと出てるので合ってるっぽい。

たぶんおれの体重があとほ〜〜〜〜んの少し軽くて鈍ってる体をちょっと鍛えてタイヤを変えれば60の大台が見えてくるかも。ってチャリでそんなに飛ばしてどうしょうもないけど。ペダリングにそんなに負荷がかかってない状態だと45km/hぐらい。つまりおれの脚力がそんなものw
トップスピードもすごいけど加速の威力がすんごいのが気持ち良い。ばひゅーーんって感じ。この挙動はまずチャリじゃない。

ちなみに去年のFat-E-Bikeは44km/hがトップスピード。
しかしあちらのあの巨大なハブモーターは1000w。今回のこれは750wと25%もレスってるのにこの結果。当初の予定通りバイクとしてはそこそこに効率的にはなったはず。

(ちなみにコントローラーは50km/hを越えるとアシストしなくなる設定。なのでどんなに漕いでも人力分が増えるだけで、メーター表示の50km/hが超えられない仕様。ケイデンスで速度を暗算してるのでタイヤサイズをだまくらかして得たスピード)

LKeBke_06_09

そんなわけで、β版と言う割にはその実力にはなかなかに満足。
改良の余地があるのは、パワーアシストの加減をコントロールするスイッチの+/-が、シフター以上に手元スイッチが欲しいこと。街中走ってるとかなり頻繁にパワーアシスト加減を変えたくなる。10速シフターとパワーアシスト9速のダブルシフター的な。
ブレーキは完全にパワー不足w たぶんそのうち死ぬorz w
ヲワリ

24 Comments

  1. このBikeと近未来コスチュームのmuuさんの2ショット画像は近日公開ですか?

    • うわ、momongaさん、ちょっと似たようなこと考えてましたw しかしオレでいいんですか?オレで?ここ的にはセクシーサイバーおねーちゃんと、とかご所望されるのが通常ですが… じゃあオレでw

      • おねーちゃんには心躍るものがありますが、在り来たりな感じなんで、ネタっぽい方でw

      • ネタとしては、確かにワタクシが女装という方向は確かにアリだと思われます(違)

  2. あれの位置がα7sのRECボタンの位置みたいです。

    どういう仕掛けで自立しているのですか?

    • 1-300さんがこんなエントリにコメントを!?と思ったら、やはりそっちがらみネタでしたw
      ボタンはちょー使いづらいと言いたいのですね?
      自立は必ずや誰かに突っ込まれると思いました。御想像の通り手前にジブクレーンがあって上からヒモで吊るしてます。うっすら見えるはずですよ、ひ(以下略

      • 微妙に水平を狂わせて手持ち撮影と見せかけて、実はカメラ固定で自転車無しのカラ舞台を撮って、スタンドを消しました?

      • おお、そおいう手があったか!!
        もしくはフロントに支持材、リアに支持材と2枚撮って繋ぐとか??
        いや手持ちっす!w 紐で吊るしてるんですって(分かってると思いますがフォトショですw)

      • そうでしたか。
        いつものように素晴らしい記事と写真、
        ありがとうございました。

      • いえいえ、夢と魔法のブログでありたいのにネタバラしがすぎました。精進しまっす!

  3. かっこいい。ライダー視点のGoPro映像も見たいっす。

    3Dプリンタ、リベンジ編にも期待。3Dプリンタも中華製ですか?

    • あざっす、Daichiさん!
      じゃあカッコいいプロモ映像作りますか!cyberチャイナドレス風ホットパンツ(ナンダソレ)履いた美女ライダーがあーだこーだ的な。

      3Dプリンタ、中華製です。最初良かったんですけどね〜。マニュアルに日本語/英語版がないのはやはりツラいです

      • イラストの仕事してた時、「古くて新しい」とか難しい注文をくれるクライアントは居ましたが、チャイナドレスなホットパンツであのバイクにまたがるってのは、相当な難題かと思います。期待してます。笑

        3Dプリンタ、最初は良かったというと、目詰まりですか? プラスチックな3Dプリンタは遅かれ早かれ目詰まりしますね。中華製だといろんな既製品を組み合わせて作ってありそーな気がするんですが、そうならば Hot End部分を入手して取り替えちゃうのが早いかもしれません。
        うちのは探してみたら Amazonで売ってました。
        http://www.amazon.com/RepRapDiscount-Hexagon-Hotend-Heater-Cartridge/dp/B00W4AIFBK/ref=sr_1_7?s=industrial&ie=UTF8&qid=1433648512&sr=1-7

        muuさんの事だから、プラスチックベースでなくて、もっとすごい 3Dプリンターかも・・という気もしますが。

      • 普通の安いフィラメントタイプですよ〜。ただスピードが速い3本足のやつですが。ちゃんと出来るには出来るんですが、一層ごとにコンマ何mmづつずれてって、よーく見ると微妙に歪んでるものが出力されちゃうという現象です。そのうち時間見つけて調整してみます。御指南あざっす!

  4. 3Dプリンタ → 実は買ってしまってた → このポンコツ!

    この流れ、このスピード感、嗚呼、近未来。
    じゃなくて、(仮?)完成おめでとうございます。
    夢のチャリでUターン時にハイサイドまであともう一歩だったのですね、恐るべし、無慈悲なMAXパワー。
    というか、どうやってスタンダップしてるんですか。
    もしかして、河原とかにとてつもなく石を積み上げちゃうアレ的な超バランス的な?(スゲー!)

    • バナOKAさん、スピード感大事っす!そうか、おれのブログももっと矢印多用してセンスある近未来文章目指せってことですね!?
      あ→り→が→と→う→ご→ざ→い→ま→す→!

      >自立
      そうですそうです、あとはコインを机の上に立てる的な。実はジャイロ仕込んでて停車しても脚は地面につけなくてもいいって設定です。近未来なので!

  5. かっこ良すぎw

    • otさん、あざーっす!

  6. やりますねー
    ホイールは無難にXTRのハブで700Cで組めば60km/hぐらい出そうですね。
    ブレーキはやっぱりマルタがいいすよ。

    • まえちんさんども!
      今はハブでそんなにトップスピード伸びるもんですか!?すげえ!タイヤは効きそうですね。
      ブレーキはロードのレバーとコンパチあるロード用にしたんですがガツンと効くのはやっぱりMTB用なんでしょうねえ。フルードタイプ使えればなあ。

  7. エッ!ついに!正常に完成しちゃったのですね!w おめでとうございます!
    かっこえ~じゃないですか~!さすがです。欲しいです。でも全てが怖いです。

    近所の無知なおばちゃんがバッテリーを見たら、アンタどんだけ水分補給すんねん!なんて思うんでしょうねw いつもながら失礼しました。

    • 完成しましたよ、普通に。若干の妥協とともにw
      >水分補給
      なるほど!むしろ水筒感をより演出すれば日本で乗る障害は少なくなる?
      おひとつ作るのどうですか?電動チャリ。

  8. かっこいい!
    でもバッテリーが爆弾を抱えてるみたいなので天安門付近を走ると武警に捕まりそうです!

    • けまさん、どもです!
      かっこいいって言ってくれてありがとうございまっす!!
      >爆弾
      その点については大丈夫です。北京のチャリにはみんな爆弾載っかってますのでw

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)