Beyond The Otaku

MacBookはクロかシロか

一週間使ってみた MacBook 。果たしてこいつはアリなのかナシなのか

どこぞの雑誌にiOSデバイスとOSXノートのギャップを埋めるマシーンと書いてあったけど、まさにその通りだったMacBook。しかしその広〜い溝のどこに位置してるのか、それがピンポイントでハートにずきゅんするかどうかは人それぞれ。
そして自分の場合、こいつに突きつける答えは、、、限りなくクロ(ナシ)に近いグレー!!

一言でいえばモッタイナイ!
ただ一点を除いてはまじに使えるマシンなんだもん。

CoreMは非力とは言え頑張ってる。
PCIe接続のSSDはストレスフリー、メモリも8GBもある。
Retinaディスプレイは「これでもう少し解像度があればもっと生産性あがるのに」とMacBookAirに思ってたあの気持ちにも溜飲が下がる。

なのに、なのに、なのに、なぜお前はUSBひとつだけなんだー!!

NwMB2_01

結局話しはそこに始まってそこに戻る。

iOSデバイスだってLightningコネクタひとつで誰も文句言わないだろって?
いやいやそもそもiOSアプリとPCソフトでは作業データに対する扱いがまるで違うじゃないのさ。

時代はクラウドだって?
じゃあいったい誰がどうやってそこにおれのデータをあげてくれるんだよ。
どうやっておれの可愛いカメラ達から数十GBのデータを以下略

FCPXでSHOGUNの4Kもコマ落ちなく再生!

NwMB2_02

ただし内蔵SSDからだけどな!

Photoshopもこんな解像度で作業できる!

NwMB2_04

12inchだけどな!

とりあえずDaVinci Resolveも立ち上がるぜ!

NwMB2_05

作業してないからどこまで使えるか知らんけど!

まあとにかく思いもよらないことがちゃんと出来ちゃう。もちろんバカっ速ではないにしてもそんなにストレスがないのは勝手知ったるOSXにこの広いディスプレイのおかげ。どうしてこの子にAppleは翼をあげてくれなかったのさ。Jobsの思想を受け継ごうとニセモノが表面ツラだけ真似した結果だったらそりゃ最悪だよ。

とにかくいいマシンだよ、MacBook。インタフェースがUSB-Cひとつだけじゃなきゃ。
クリエイティブワークのサブ機として十分に使える性能がある。USB-Cひとつじゃなきゃ。

MacBookの思想や理想を分かったうえで言おう、出直してこい!これじゃただのネットブックじゃん。ってああ、ごめんなさい、おれはこれをネットブラウズマシンとして買ったんだった。そうだった、文句言うのは筋違いだった。

ネットブラウズ最高!きゃっほーい
(まあUSBメモリで事足りてるほどのデータしか使わないユーザーには相当に使えるマシンだと思う。しかしモッタイナイ。。)

2 Comments

    • キャプテンによろしくお伝えください。
      そのうち、これとハブが一緒になったようなDockが出ますよね〜。

      アダプタ経由でSSD繋いでみましたが、やっぱり遅いです、、。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)