Beyond The Otaku

AnamorphicalGoPro [Letus AnamorphX-GP]

Theiaレンズをろくに触れないまま、新たなるGoPro広角ソリューションが到着 Letus AnamorphX-GP

RC系パーツのなんかが届いたと思って先週から玄関に放置してあった箱。ふと気になって開けたらこれだった。イヤン早く言って。

GPro_anmr_01

1月末に発送とか言っておきながら2月も半ばになっても届かないので「どした?」ってメールしたら「ブツはあるが箱が届かん」って、「じゃあ中身だけよこせ」「りょ。すぐ出すわ」ってなやりとりがあったはずだが、ちゃんと化粧箱に入って届いた。

個人的にはそんなにアナモな人じゃなく、全くのノンケな人なので(streakは好きだけど、それすらフィルターかポストでいいじゃんって人。 またどっかで怒られるw)、買ってどうすんのって気もしないこともないわけだけど、そこは番長としての若干の意地と見栄。

一応言い訳考えると”GoPro最広角ソリューションを試す!”ってことになるのか。

金属製の枠にみしっっと詰め込まれた硝子の塊。

GPro_anmr_02

この”カマボコ”眺めるだけでお茶碗数杯イケル人が世の中にはいると聞く。

裏面はこんな

GPro_anmr_06

すでにGoProに直に付けるためのアタッチメント(Lens Clamp/別売り$25)が付いてる状態。

基本はハウジングのレンズカバーをリプレイスする仕様

GPro_anmr_07

 

シーリングはそのままキャリーオーバーしつつ、標準レンズカバーよりごっつい硝子になるわけで防水性能は衰えないそうで。なので水中撮影好きにはちょっと見過ごせないアイテム。(上の写真は組み付けずに置いてるだけ)

GoPro本体直付けならばこう

GPro_anmr_05

この状態で139g
GoPro単体で71gなので、なんと倍!
Discovery PROのgimbalでイケルかと期待したけどちょっと難しいか?GoProジャストで作られたその他大勢専用BGでは確実に運用不可な重さ。

 

レシオは1.33x。”16:9モードの絵がクロップなしでシネマティック2.39:1に!”とはサイトに書いてあること。

その辺でテスト

GoPro3+のWide(2.7k動画のキャプチャを1080Pに縮小)

GPro_anmr_10

 

Letus AnamorphX付きのナマ

GPro_anmr_11

確かに標準GoProよりは広く撮れてる(アタリマエ)

それをDe-squeezeして2.39:1に

GPro_anmr_12

 

分かり辛いので同一縮尺

GPro_anmr_13

 

うっほう!すげえ!広大感3割増し!

あれ、やばいな、そんなに大したことないって思ってたけど、これエアリアルしたらやばいんじゃない?
没入感が相当増しそうな。

イヤマテ!しかしなんか扁平率がおかしい。
ちゃんと1.33xにしたんだけど、これじゃちょっとやりすぎじゃなかろうかw
こういうもんなのか?

 

あ、ちなみにStreakはこんな。これはあんま期待しちゃダメ?これだったらおれ自分で入れ…(。_゚☆\(- – ) !

 

2 Comments

  1. あら、素敵!
    ヤバい!(何が?wwww)

    • お手軽アナモにはいいっすよね。
      ただ標準のGoProじゃないとダメなのが惜しくて、これでナローな画角とのコンビを試したくなるのはもう世の理。
      ってことでRIBCAGEの出番っ?!すていちゅーん!w

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)