Beyond The Otaku

エアリアルでウッキーin US 2013 その3(エアリアルネタなし)

ムリヤリ仕事休んでの例のぶらりエアリアルの旅だったので帰って来たら仕事溜まりまくり、当たり前。そんな忙しさもやっと落ち着きつつありの、飛ばし以外の写真をゆっくり眺める時間が出来つつあり的な。写真見て思うのはステキロケーションでほんと飛ばしてないなあ … とやっぱり溜息。

 

都合5つのNationalParkのつまみ食いして、やっぱり一番エアリアルにまいっちんぐベストマッチはArches NP周辺だと、改めて写真見てその気持ち高まる。

帰って来てからGoogle Earth立ち上げてロケハンしてみると(先にやれ)、Archesとすぐ隣にあるCanyonlandsも含めてなんともまあ面白い地形が連なってることよ、もちろんそこに作られたトレイルもきっと楽しいんだろうって&空に上げたらもっと楽しいんだろう、と更に悔しさ高まるw

Arches NPの付加物的に扱われるあの有名なCorona archへのトレイルもそんなひとつで、エアリアル的にはご本尊のコロナアーチなくとも被写体として十分すぎるほどに十分な景観(ナショナルパークエリア外)。その箱庭的凝縮感は写真以上にエアリアル動画向き、、くっ。
(何度も書いてるようにここでは飛ばしちゃいないw)

US2013_HDR_02

某番組で某ベッキーがダイブしていたアーチは目の当たりにすると確かにでかくて

US2013_HDR_06

(写真のアーチの根元付近に人がいる)
おまけにアーチのこっち側はそれ以上の崖になってて、上からの高度感はすごいことになってたはず。よく飛んだなあ。

US2013_HDR_04

そのアーチへのトレイルは上の写真の崖のへりをぐるっとつたうような感じで続いてて、いや、これがまた楽しい。たかが3〜40分のトレイルのくせになんだこの濃度。
2013_aerial2_us_04

上で2号が座って写真撮ってるとこもルートから外れてうほほーいしてるわけじゃなくてその崖っぷちトレイル。

で、こんなに起伏が激しくダイナミックに見えつつも、Google Earthでチェックすると100mも上げれば超えられそうな地形らしく、壮大にしてミニチュア感を感じたのは正しかった。グランドなんたらとかモニュなんとかな巨大すぎる風景はマルチじゃ太刀打ち出来ない感がハンパないわけだけど、ここのサイズ感はほんとしっくり。

そんでもって気になるのが上の写真達にちょいちょい写ってる地面に走る垂直の崖。実は巨大な”切り通し”

US2013_HDR_14

こんなとこに線路敷くってどんだけおバカよw

US2013_HDR_15
これのせいで国立公園じゃないとか?
とか言いつつもこの線路もエアリアル的には格好の標的。

切り通し抜けると今度はコロラド川に沿って線路は続く。

US2013_HDR_03

ってな感じで、マルチコプター持ってここに入ればまじでお茶碗五杯ぐらいいける。たぶん次行ったらジャー持ってここで朝から晩までいるだろうなあ。
こんなとこが他にもゴマンとあるんだろうかね。

 

他にもGoogle Earthの後ロケハンでへーってなったのは下の写真のとこ。Archesの一番奥のDevils Gardenってな辺り。

US2013_HDR_01

歩いてる時、薄々は感じてたけど、、、

US2013_HDR_13

やっぱり薄々!

ここも飛ばしてないorz
知ってたらこのスジスジ写したかっただろうに。
(例の動画にはこのエリアのはじっこと思える所がかろうじて写ってる)

しっかし、箱庭的情景に萌えーなんだな、おれ。

 …

帰って来てから、もう、次のことばっか考えてるおれ。
ここのリベンジはもちろんのこと、次に狙うロケーションはどこか、GoPro以上の画質で撮りたい、とか。
目下のタスクはもう一ヶ月前に迫った正月休みの計画。この流れだとどう考えてもエアリアル第一優先なのは間違いないところw

10 Comments

  1. 「あるんじゃないの いい奴が」と思って片っ端からぽちったけど動かず。
    えっ!写真?あれっ?動画は?あれっ??待ちに待ってましたのに、残念。
    でも、木枯らしが吹く灰色の空の下で見る赤い大地、青い空。
    このギャップがいいですねえ。あっ 雨降ってきました!!

    • ちゃんとタイトルに書いてありますのに(笑)

      RAWからの現像でこれぐらいのちょっとやりすぎな色出た動画作りたいと思ってるのですが、さすがにもとがGoProじゃ無理ですよねえ(無理と決めつけてやってない)

      5D3やBMCCのRAWならこういうHDR風にはいけそうなんですが。

  2. あいや お恥ずかしい。色見て思わず興奮して押し捲ったわけで。
    タイトル読んでなかった。

    この色調でどんどん追い込んでいったら「ラッセン」の絵のような感じになるんじゃ?
    (イルカ出さなきゃ。)ラッセンふう動画。おもしろそうですねえ。

    • いえいえwいつも意味不明なタイトルつけてる者としては文句言うのも甚だしいっす。

      “ラッセンっぽい”ってのは、クリエーションに関わるものたちに等しくネガな言葉だと思うのですけどw でもそう考えると海中をあんな色彩で撮ったリアル映像はないですし、そもそも海中HDRってのも見たことないかも!
      これは挑戦しがいがあるネタですねえ。誰か〜!

      • 水中HDRですかー。メチャクチャ揺れるんで難しそうだし、ストロボ炊かないと色が出ないんですよね、海の中。浅いところでやってみるって手もありますが。今度やってみよ。

      • おお、勇者(ダイバー)現る!

        ノリで書いちゃいましたが、光量少ない水中でラチチュード足りなくなることなんてそうない??^_^;
        動くお魚も前処理大変だったりして。

        でも想像するととんでもない絵が出てくる予感もあったりして、ぜひ次回は三脚持ってダイブしてみてください!w

      • さびない三脚ってあるんですかねw?
        魚はちと動き回るので厳しいですが、海草とかサンゴならなんとか。それかRAWで撮影してインチキHDRでもちょっと手持ちのでやってみましょうかね。
        最近伊豆の地味な海ばっかりなんですよねぇ…。カラフルなところに行かなくちゃ。

      • インチキで十分遊べるかもっすね!サンゴとかいいじゃないすか!

        >サビない三脚

        きたー!Gitzo Ocean Traveler購入フラグ!
        高いんすよねえw

  3. 潜水士資格取りに行くかなあ~

    • おー!ぜひぜひ^_^

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)