Beyond The Otaku

DJIがアレとアレの3Axis Gimbalをリリース!

番組の途中ですが、緊急ニュースです。
うちの部員2号の報告によると、なんとあのDJIがGoPro用だけじゃなく、アレとアレ用の Brushless Gimbal をこの2ヶ月のあいだにリリース(発表?)するのだという!

もう、これは現在進行中のDIYプロジェクトをすべて止めて様子見るぐらいのインパクト!

と煽ってみたけど、ほんとにこれがDJI発で出るのか、どっかのサードパーティー製なのか、まださっぱり分からないということを前提としつつ、うかれち○ぽで楽しんでみよう。
どうやら両方ともDJIから出る。

2号はInfinity Hobbyのニュースを教えてくれたが、その情報をたどっていくとこんなバナーが置かれたページにたどりついた。

djinewBGrmr_03

 

うお、まじか!とぽちっとすると…

djinewBGrmr_02

え?買えるの??

djinewBGrmr_04
“预订”ってことはプレオーダーってこと?

大疆(创新)というのはDJI innovations。
つまりこれはほんとにDJI新製品のリーク情報ってこと?

書かれたスペックまとめると

5D シリーズ3轴云台

  1. 総重量2.5キロ(カメラ含む)
  2. 24mmレンズのサポート
  3. 5DⅡ、Ⅲ互換
  4. パン360 °
  5. チルト300 °
  6. ロール±50 °

 

GH3 3轴云台

  1. 総重量1.3キロ(カメラ含む)
  2. 14mmレンズのサポート
  3. パン±360°
  4. チルト±360°
  5. ロール±40°

 

スペック的にはほぼ一緒。
レンズの指定があることから、これまでのZenmuseと同じくレンズ固定としてユーザーに調整代を与えてないんだろうか。
(とか言いつつも、GH3についてるレンズはパナの14mmじゃねーしw)

これがDJIかどうかは写真見ればだいたい分かる。

djinewBGrmr_06

 

この他がやらないカメラの固定方法とか、ブラシレスモーター周りのケーシングとか、ほかの中華じゃたぶん出来ない(やらない)だろうなあw
初代Z15が出て一年。新型出るのもいい頃合い。もしかしたら先日バージョンアップとなったS800EVOはこれの5D用をターゲットにしてたのかも。

[追記]
ってここまで書いてきて、そういやGH3用は”Zenmuse EVO”とかいってNABで出てたじゃんと思い出したw

djinewBGrmr_07

 

GH3用が同じなんだから、一緒に写ってる5DのもDJIのってことか。
もしかして5D用ももうどっかでリリースされてたのか?w

 

で、これがInfinity HobbyではUS$660ぐらい?とか書かれてて、もしそうならとんでもないことになるけど絶対そんなことないよなあ。

まあ上のキャプチャにあるように5000元なら8万円だし、9999元なら16万になるわけだが。ただ5Dなんたらが2万とか書いてあるとこもあってそれだと30万オーバー…

まあ、楽しみ出来ちゃったわけで。
5D3もGH3もある人はどっち買えばいいんだ。
そもそも買える値段でくるのか?w
うん、あわてて書いたけど、やっぱり自分の買えるものじゃない気がして来たな。DIY続行。

 

4 Comments

  1. キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
    レンズサポートが素敵!
    5Dは30万ですか…

    • 価格はさっぱりわかんないですけど、GoPro用の3軸がなんだかんだで限りなく10万に近いとするとそれより安いわけがないですよね…。
      いやもしそんなこと関係なく安くなるんなら大歓迎ですが!
      いやないですよねー…w

  2. レンズ固定…で、30万オーバー…やっぱりここら辺が価格の最下点なんでしょうかね…。

    3RD EYEさんの所でも他からの情報が出てましたが、本家からですか!凄い!っていうか、漢字全く読めん…orz知り合いの中国人に翻訳してもらおうかな…。

    • >最下点
      どうなんでしょう。
      DIYでやったとして現状5Dクラスだと10万くらいかかりますから、DJIのCNCバリバリのは結構お買い得かも?

      しかしまだ火がついて3ヶ月なんですよね、これからまだまだ出てくるんじゃないでしょうかね!

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)