Beyond The Otaku

[GH2 Cage] その10 最終仕様に向けて

見積もり出してもらうべく前回モックで作った形状を整理してデータ再作成。
細かい所はたぶんまだ変われど、全体のコンセプトや構成はほぼこのままでいくつもり。


そろそろ最終仕様に向けて固めて行きたい。あと同ロット購入に名乗りを上げてくれている人の”多少の”わがままも聞いておきたいw

復習もかねてまずパーツ構成

マシニングによる金属パネルを四角に組んだものというところは、多くのケージ製品が採用している構造と一緒。大きく違うのはサイドパネルの形状か。サイド パネルの斜めカット面は前回のモックの時にも書いたようにトップロードのキャパ増やし&カッコが目的。正直TOPもBOTTOMもコストと設計制約でデザ インする余地なしw

 

正面ビュー&サイド

モックは華奢に見えた(板っぽかった)と思うが、厚さのチューニングや一部をテーパードさせたりとちょっとだけ一体感というかマッシブに。
スキマについては見栄え含めて意見いろいろあると思うが、こういうデザインもありだと思う。それに決してガバガバではない。例えばマイク端子にL字のコネ クタ挿すだけでも30mm近いスペースがいる。でこのスキマはほぼ30mm。GH2が小さいから目立つけど。HDMIはフレームを避けてるはず。

カメラ本体がフローティングしてるのも、底面ぴったりに作るとグリップ部に指が小指まで入らなかったから。ぶっちゃけもう少しゆとりが欲しいかも。 ここは全体サイズとの兼ね合いでギリギリなところ。コスト無視でそれぞれのパーツを専用に作れればもっといろいろ出来るんだけど、左右上下対称なパーツで 用途の異なる二カ所に対応させるデザインってのもなかなか大変なのよ。

サイドパネルの向かって右側上にあるキリ欠きは”シュー”。今回はケージ本体でのシュー対応をコストの関係で諦めようとしてたのだけど、先方(工場)から「この部品はワイヤーカットで行きます」と返事が来たから。

ワイヤーカットは高出力プラズマ粒子を大気中で自在にコントロールして対象を3次曲面(ry ←うそ
一方向しか加工出来ないけど複雑な形状も一発で出来るマシン。ただし時間がかかるので工数も高い。なのでやるとなったからにはとことんやってもらおうじゃ ん!という庶民根性。ぶっちゃけ波波〜〜でも凸凹でも同じお値段でイケルので一瞬デザインを新しく考えようとしたけど、いかんいかん、ここはシンプルに。
で片側(上方)だけなのは反対側はカメラネジ仕様である。上下対称に作ってあるのでお好きな方で、というおもてなし度満天。本音を言うならつるんとしたデザインがいいのでキリ欠きは最小限にというハラ。

最初の絵に入ってなかったカメラ用ネジ(1/4-20)の位置。
他社のケージはこれでもかといわんばかりに1/4と3/8が開いてるチーズプレートタイプだが、そこまで使うとは思えないし、そもそもネジ穴処理一個 500円から2000円と聞けば否が応でもコストカッターにならざるを得ない現実w ただしいっぱい開ければ軽量化に繋がるのは事実。この辺は要望あれ ば。それとスペーシング(穴間距離)の問題もある。この話は次で。

 

トップ

問題の穴である。
これこそ他者は穴だらけであるが、ウチの考えは必要なものを必要なだけというコンセプト。お金がないので、穴あけ一個500円だから、っていうのじゃない。貧相ではなく清貧という。武士の心である。もしくは禅。。
というか、正直に申すと拙者何用に開けとけばいいのか、まっこと考えがないわけで! たぶん海の向こうのやつらもそうだ。何でもいいから使えそうだろ!って開けてるに違いない!w

一つだけ確実にやりたいことはセンター両脇の2つはREDのオプション用のハンドルが付くスペーシングになってる。ちょっと高いがべらぼうでもない。
Redrock microやZacutoその他もカッコいいのがないよなあ、ってことでREDのを仕込んでた(このケージ用に買ってた)のだけど、ある事実発覚。なんと!ライバル(笑)のReWoも同じような仕様になってることを最近知った。おまけに自分とこのオプションもそれに合わせて作ってる。ってことでウチのは必然的にRED,ReWo対応となるわけだ。なのでサイドパネルもそのスペーシングになる予定。

そういうわけで、このブツを使いたいから!っていう要望があれば今なら対応可能。
ただ並んでるだけのたくさんの穴より意味のある序列になってる方が機械として美しいはず。
セクスィー&インテリジェンス。いい知恵よろしくメカドック!

 

Bottomの台座の上面はGH2に合わせて底面以上のサイズにはなってない。
レンズの干渉も裏面のバリアングル液晶とのアタリも考慮済み。

横に若干広げた方が見栄えの安定感増す(機能的には問題ないはず)のだけど、バッテリーがある。
ここにGH2と接続用の穴開けるだけど、たぶんピンではなく長楕円タイプにする。
理由はもしやのGH3対応とか。あまりGH2専用にしすぎてもねw。
各部ダイアルも見晴らしが良い。

グリップ周りは一切の障害物がないのでケージ付けない状態と全く同じ操作が可能なのが売りっちゃあ売りか。

 

オープンスタンス

もしかしたら、こっちのほうがスタイル的にウツクシイのかも?
なんだかんだで、最初期のスケッチにこんなのあったかね。

サイドパネルを横or前と付け替えるためにTopとBottomパネルにはL字の切り欠きがあるんだが、そこの残り代がカッコ悪い。なんか埋めピース作るか(たぶん一個3千円はするw)

ちなみにそのサイドパネルは板状なのでガンのグリップのようにウッドグリップでサンドイッチするとかカッコいいだろうなー、オプション作るかーとか夢想中(そのために穴は使えるね)

 

対応部品は前述のREDオプションのほか、今15mmロッドをサポートするための下部に付くブツを物色中。もしかしたら+15k円ぐらいのものが見つかるかも。絶賛取り寄せ中!

 

最後に表面処理のこと。
全パーツ、艶あり黒アルマイト。ただし加工法が違う面が多数あって下地が一定ではないので、仕上がりも面によって違うものになるはず。
回避手段として、手作業で磨くか(それでも差は出る)、全部品サンドブラストするか。
特に問題なのがワイヤーカットするサイドパネルである。相当粗い。
機械加工された面に黒アルマイトは相当カッコいいはずなんだが。
要課題&個別対応

あ、あと、手に持って使うものなので糸面取りはされている。

 

 

とまあ、仕様はこんなで、あとトップパネルにロッドサポートするかしないかの決心をしたら、いよいよブツ発注&製作である。
今回長々と書いたのは、”同ロット購入者サマ”に仕様確認の場として頂いて正式にオーダーするかどうか決めて頂くためでもありまする。

現在自分の他に3名の方(F氏J氏S氏)が同ロット購入の意思を正式に表明されてて、全くホントいろんな意味でありがとうございます。
というか降りるなら今ですね!w
しかしよくあの見積額を聞いてよく怯まなかったよなー、皆さん漢っす。

商売ではないけれど、その他の方でもし興味があるならお早めにご一報を。
今月末までに発注する予定。

最後に見積額を。
5と10のあいだですw

 

 

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)