Beyond The Otaku

情緒不安定、デジタルM始める

人生初デジタルM。前回 Monochrom いいよねえって書いてゴメンナサイ、買ったのはコッチ…

M10-P Safari

M10だよ、Monochromじゃないじゃん!
おまけにサファリだよ、緑だよ!
モノクロいいよねえって言っててまさかのイロモノ!

いやもうね、今回の黒か緑の選択は命を賭して、正確には寿命5ヶ月分ほどの生命力使った。

そもそもポリシーとしてカメラ機材は真っ黒でいいと決めてるので、よほどのことがない限り浮気はしない。そのおかげでボディにしろレンズにしろ買う時に迷うことはなく、その購買方針はスマホとかにも影響してるので非常に効率的。 ただまあそういう実利一辺倒というかルーチン化されたカメラライフに飽きた(ように感じた)というインスタビリティーさが今回のM購入に繋がってるのなら、ミドリイロノカメラというのはむしろ理に適ってるわなと今なら冷静に分析出来るけど、いかんせん数週間前の自分にそんな冷静さも分析力もなく。それはもう毎日起きて歯を磨いてる時に「黒かなあ、緑かなあ」って思うほどに黒と緑で回る日々。あれ?情緒不安定が先じゃなくて、これが原因なの?

話しを若干ややこしくしたのはLeica Mの場合、黒も同様にエモーショナルな憧れの対象すぎるってやつ。

使い古されたBlack PaintはもとよりM Monochromの”STEALTH EDITION”とかカッコヨスギ!

対してのSafari。
Leicaのオリーブカラーヘリティッジに憧憬あるとかじゃなく、こっちはこっちで単に無類の苔緑色好きという性癖。
ミリヲタってわけじゃないんだけど、服とか小物とかラインナップにくすんだグリーンあると脊髄反射的に手にとってしまうぐらいな悲しい性分持ち。そんなものにとって、この春に限定1500台で売り出されたM10-P Safariが未だ売れ残ってる状況は、無視しろというのが無理というもの!

ぐあーーー、悩むーーー!

 

色だけでもこんな具合で、M10-Pに決まる前の悶々具合は字数がいくらあっても書き切れない。
Monochromは最後まで迷ったし(今買えるのがM10 typ3656ベースだったらいったかも)、さらに言えばカメラは中古のM9で誤魔化してノクチいっちゃう?なんて、もう何がなんだか分からない迷宮にいた。
過去形で書いてるけど、今でも若干燻ってるし。

(↑これ書く数時間前。某所で初代1.2付けさせてもらう。キヤノンならロクヨンとヨンニッパ買ってもまだ余るプライスタグ。無論買えるわけがない)

 

で結局のところ決め手はなんだったかというと現行機種で唯一のペイントボディってとこ。(あとはちょっぴりなLimited edition) つまり黒ではないけど経年変化ではBlack ChromeよりBlack Paintに近い!
まあ聞くところによると塗装のセラミックコーティングが相当に頑丈で使いまくっても塗装の艶も出ない=地金なんかヤスリで削らない限り出ないんじゃ?という噂も聞くけれど。あわよくばエージングでカッコよくなってくれればという期待を込めて。

半年後に同じこと思っているか、黒にしとけば!とか嘆いてるかどうかは謎。ただ今はこのど真ん中から外れた感じがなんとも気持ちよく。うむ、処方はうまく行ったのか?!

4 Comments

  1. 黒の方がカッコいいなぁ…って言ってみるw

    • Hochikissさん、貴重な勇気あるコメントありがとうございます!!

      ですよね!黒カッコいいですとも!w 知ってます!

  2. え〝〜。Leica 買って Nocti いかないなんて男じゃないと思う〜!
    というバブル期の JK的発言を令和になってもしてみる。(てへぺろ)
    この際、寿命はあと2年くらい縮まってもいいと思います!

    あ。買うだけじゃなくちゃんと作例載せてね♪

    • この令和の時代でも、そういうセリフをJKから聞けたらそりゃあもうここの諸兄は幸せであると思いますよ、KanaT. さん。
      少なくとも「買ってぇ〜、ノクチぃ〜、ぱぱあ〜」じゃあないだけ(自分のもの)ありがたいです笑

      作例は、買ったら、ですね!

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)