Beyond The Otaku

[GH2 Cage] 加工作業完了!そしてチェック その2

そんなわけで、その2

とりあえず、ボディはちゃんと付いた。よしよし。

他にチェックすべき大事なポイントはバッテリー蓋が干渉してないかとか、それと各部に開けた穴の機能性。
ちゃんと希望する物が付くのかい?

まずはオープンモードでトップロード性能をチェック!


通常ならモニタ一個でスペースが尽きる所がなんてことでしょう、匠の技と知恵がry
このマイクの脚が融通利かないタイプだけど、普通のやつならば斜めなんかにならずに気持ち良くスマートにフィットしてくれるはず。

そしてまだセンター部には余裕が。
トップハンドルか、もしくは上部にアクセサリ専用のレールサポート付けるアイデアもありだね。

そのトップハンドル、ケージをナックルガードモードにしてオン!


ハンドルはREDの旧式のヤツ。
イェッス!

つか、ハンドル付けたこの取り回しの良さはどうよ!
一気に使いやすくなった。
ハンディに限らず、三脚への付け外しとか、普通にビデオカメラ感覚で使える。
それもカメラシューに頼らずにがっちり付くから安心感2倍。
ローアングルもいっちゃってーって感じも。

うーん、トップハンドル大事だなー!
レールで下側ばっか重視(フォローフォーカス、ハンドル、マットボックス)してたけど、時代は上側!
ってことで、決めた!GHOST 002はトップハンドル!それもスーパーかっこいいヤツ!予定価格2万5千円。ストラップはその次に回そう。
(あ、このGH2ケージの正式名称は”GHOST 001″となりましたw 今後大でも小でもナンバリングで増えてく予定)

横道それた。

トップハンドルの次は、ロッド、レールサポート。
今回はとりあえずありもの使うってことで、ViewFactorのやつを。こっちもそのうちゼロゼロナンバー付き作る予定。


おうおう、なかなかサマになってんじゃん!

もう女流一眼なんて言わせない!
そんな機材で現場来て、、なんて後ろ指さされない組!

これで7万は安いでしょ、兄貴!(誰?w)

 

残りのチェック

バッテリー交換ヨーシ

 

クイックリリースプレート装着ヨーシ

 

よーし、作るぞー、トップハンドル。
(違。まず仕上げよう)

 

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)