Beyond The Otaku

秋の広角レンズ便り-2 [LAOWA 15mm/f2.0]

秋、広角の秋。
SONY FEマウント専用レンズ、Laowa 15mm f/2.0がリリースされたので眺めてみたりする回。

 

本家サイトでの先行予約が効いて、割と早くに到着してたのだけど忙しくてほったらかし。すでにB&HとかでもIn Stockになったみたいで普通に買えるようになったっぽい”LAOWA 15mm F2 FE Zero-D”

LAOW15_1_01

なんと真空パック。
下にちょろっと写ってるのはおまけ品。本家サイトでの最初の200オーダーには72mmフィルター3種がおまけでついてくるというプローモション。というか今でもその文言は掲示されたままなので、もしかすると200オーダー以上に配ってるんじゃないかと邪推。

LAOW15_1_06

15mmという画角は16-35mmズームよりほんのちょっと広角だけど、まあそんなに優位でもなく。ただしf値が2.0。それが公称重量500gってなとこが売り。(計量したら527g TT)

キヤノニコの純正プライム最広角は14mmでf/2.8だし、SIGMAの14mm/1.8は重さが1kg超な弩級レンズだしで、フランジバックの短いフルフレームミラーレスの長所を堪能できるレンズとしていい感じにまとまっている。

LAOW15_1_05

α7sに装着してもこのサイズ感
LAOW15_1_04

12-15mm界隈は韓国勢も含めて色々出てるんだけど、どれもf/2.8止まりで意外にライバル不在。ついついポチッとしてしまったわけで。

明るさにこだわらなきゃVoigtländerの15mmはステキなレンズ。うんまじコンパクト。でも男にはどうしてもファストなレンズが必要な時があるのさ。

LAOW15_1_03

フードは金属製。金かかってる。

LAOWAはなんかマクロに異常な執着があるようでこのレンズも最短0.15m。こんな。

LAOW15_1_07

こんな寄っても、こんな小さく写っちゃう、おそるべし超広角の世界。そして広角のくせにめっちゃ薄い被写界深度。
LAOW15_1_08

 

最後に今勃発している我が家の広角問題渦中のレンズ2つと仲良くパチリ。

LAOW15_1_02

左から10mm,15mm,20mm
こう見るとFirinよりスリムなんだな。
たかが5mm、されど5mmが広角の世界。どれがどれをもリプレイスは出来ない。次回実食編。

 

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)