Beyond The Otaku

Photokinaをぶらぶら-1 [Photokina2016]

全122回を予定している Photokina レポート。週一でやれば2年後の次回Photokinaまでには完結できる予定。第2回目はPhotokinaに行ってぶらぶらした気分になれるスナップ集。略してフォキ☆ブラ 日本メーカ編

入り口phtkn_2_01入り口近くにどかーんと構えてたCanon
phtkn_2_02aphtkn_2_02phtkn_2_08phtkn_2_14レンズバーも白いの含めストック潤沢

8K撮影ソリューション。
phtkn_2_03phtkn_2_04

「あなた、私、これで孫たち撮りたいわ」「そうだな、次のクリスマスはこれだな」

Panasonic
ちなみにこの異様な広がり感は例のあのレンズのせいなので60%狭で補正よろしく。

phtkn_2_05phtkn_2_06 GH5の展示↑
カメラは真ん中の二つの箱の中にちょこんと。
phtkn_2_09
今年はLUMIX発売15周年だとかで記念パネル
phtkn_2_10phtkn_2_11あゆのCMが懐かしい。
COOLSHOTはセレブレーションされないのね(それまでのパナのデジカメブランド)

Nikon
phtkn_2_12phtkn_2_13KEYMISSION三兄弟をフィーチャーするNikon
KM360で撮ったVR映像をゴーグルで見せるブースはあちこちにphtkn_2_15アクションカムにいきなり鼻息荒いニコンだけど、さてどうなんでしょ。
FUJIFILM
phtkn_2_16

ブース入り口にはこの地で初お披露目となった新システムで撮られた写真の超巨大プリント(by Mika Ninagawa)がどーーんと出迎え。その目で中判デジタルの威力をしかと見よ!ということらしい。

phtkn_2_23

「ふ、おれのお眼鏡にかなうかな?」phtkn_2_22phtkn_2_21 phtkn_2_20

変態オプション装着仕様。
GFXは思ったより価格も高そうだし、何よりこの色気のなさがちょっと惜しい。

写真&プリントブースも充実。紙媒体になってこそ写真だと訴えるここんちの主張はある意味一貫している。富士ブースはちょっと面白かったので別エントリーで登場するかも。phtkn_2_19

SONYphtkn_2_29phtkn_2_25phtkn_2_26

PBのセッションが大賑わいなソニーブース。
それとα99IIお試しブースphtkn_2_28既存レンズや従来機と比べてみても小さくなったのが一目瞭然。
日本の価格はまだだけど北米価格は$3,198とA7RIIと全く一緒。撮れる絵はA7RIIと同じな上にいろいろさらに乗っけて来てこの値付けは立派。どっかのメーカーに見習わせたい。

ZEISSコラボ20周年だとかな展示phtkn_2_27

 

Olympusブース

phtkn_2_31 phtkn_2_30

ん??何撮ってるんだ、おれ。しかも撮ったのこの2枚だけw

RICOH/PENTAXもなし。代わりと言っちゃあアレだけどSIGMA

phtkn_2_34おそらくこういう展示はSIGMA初(IBCに続き)なシネレンズ展示。ご丁寧にSONY, RED, BMD, Canonのカメラを用意する博愛主義っぷり。ARRIがないのはこんな安シネレンズ使ってくれないと踏んでるからか。
phtkn_2_33phtkn_2_35 phtkn_2_32

驚愕のMTFを持つ新型ゴーヨンは外観のクオリティも最近のシグマらしくいい感じ。純正なかなか買えないのでちょっと欲しいかも。

 

しまった、写真入れすぎた。つか小分けすれば5本ぐらいに水増しできた!
続く。

2 Comments

  1. 天使俺「あなた、わたし、これで猫撮りたいわ」
    悪魔俺「おまえの作る動画、猫ばっかりやんけ」
    現状だと8K撮るのにこんなにスゲエ事なるんですね。
    猫も逃げますわ。

    富士は気になりますね。
    ソニーに並ぶくらい伸び代ある感じです。

    • 部屋にこれあったらいい猫道になりそうな気がします。

      富士は堅実に写真好きな人を取り込んで来ましたよね。ソニーのAマウントも一周回って(フルフレームミラーレス機を出したことで)わかりやすいものになった気がします。外と中をいい感じで使い回す(作り分ける)ノウハウもA7シリーズの成果だと思うし(上から目線w)

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)