S・T・A・Y ・ H・O・M・E

新宿北村写真機店

そろそろ時事ネタ解禁。開店したばかりのうわさの「新宿 北村写真機店」に行ってみた。

北村写真機店といえば、思い出すのが代官山店。
Leica の新品飾ってある横でM42なゆるーいヴィンテージレンズ売ってたりLOMO系のオシャレかわいいコーナーがあったりと、ちっさい店の中にあれもこれもと詰め込みすぎて、中途半端というかユーザー不在というか、ピンボケなコンセプト具合に、閉店した時も「まあ、そうだよなぁ」と嘆きつつ、閉店セールで半額以下になってた商品をハイエナのように買わせて頂いた甘じょっぱい思い出。

確か閉店は去年の3月ごろ。あの閉店の陰でこんな大型店の準備が着々と進んでいたとは!
最初に言っとくと、めっちゃ面白い店。買うかどうかは別にして!w

一番わかりやすい例えは蔦屋家電のカメラ屋さんバージョン。
まあ仕掛けとしては当たり前だよね、カメラのキタムラは今やCCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)の傘下だもんね。。。

店舗の詳細は、本家「カメラのキタムラ」のサイトのこのページが詳細がよくわかっていい。十分。ここではもうちょっとおれ目線で眺めてみちゃう

まず最初にビックリしたのが、店内撮影OKってこと。

入り口に写真で作った新宿のジオラマがあってご自由に写真撮って楽しんで的なこと書いてある。おそるおそる「でも店内はダメだよね?」って聞いてみると、「いいですよ!!」と快諾。念のためにこの後数人のスタッフにおんなじこと聞いてみるとみんな「どうぞ!」って。何人かと話してみるとみんなカメラ屋のスタッフとは思えんぐらい垢抜けた受け答えw かといってただ愛嬌いいだけかと思いきや、女子も男子も結構みんな知識ありそう。正直銀座の某ラ●カの女子店員よりよっぽど写真&カメラに造詣ありそう。

面白いのが、新品コーナーのこじんまりさ。
ヨドやらBicとは棲み分けていきたいスタンスがじんわり。
そういう意味ではさっき書いたスタッフの雰囲気がこの店の裏テーマっぽくも。什器だけじゃなくて人もかなりApple storeっぽいのは大手量販店にも老舗の中古カメラ屋にもない仕掛け。

その2Fの新品コーナーを後に3Fに進むとスタバとブックラウンジのフロアー。

試しにスタバでドリンク買って腰下ろして見たけど、いやヤバい。ゆるい日本の写真雑誌もあるけど、LFI(Leica Fotografie International) Magazineが目の前にずらっと並んでたり、売り物じゃなかったけどLeitz Photographica Auctionの目録とかあって、半日潰せる!

 

そして多分このストアのメインコンテンツな4Fの中古コーナー。圧倒的な物量で迫り来るαとFEレンズ

ああ、こんな明るいお天道様のもとで中古レンズを漁る日が来るとは!覚悟はいいか?!おまいら!もう二度と”市場”とか”BOX”とか行けなくなるぞ!

銀塩コーナーもほどほどに充実。

Contax Tシリーズとかもこんな棚3段分にてんこ盛り。
軒並み10万とかそれ以上でも売れちゃってるから、そりゃあ安いミラーレスとかコンデジ売ってる場合じゃない。

おねーさんがLeica Mのなんかを買おうとしてたのを横目で眺める。
多くの中古屋が、これ見せてっていうと鍵持ってきてショーケースからその一個だけ取り出してカウンターに促されて「こちらで」と言われちゃうのだけど、ここではショーケースのすぐそばで取っ替え引っ替えあれこれお願い出来ちゃう感じ。いいね、これ。

後ろではカップルがいくつかあった8枚玉選んでる。そうかそういう時代か…

そういう”普通”クラスの中古Leicaはこのフロアで、それ以外は、、ということで6F、ライカ/ヴィンテージサロンへ

いわゆるLeica Storeや店舗内ブースと違うのは、新品展示は上の写真の奥の入り口の一部分のみ。あとは全部プレミア付いたオークションレベルのヴィンテージモノという趣向。これは楽しい!買わ(え)んけど!!

真ん中のM3+Summilux50のBlack Paintセット、¥5,300,000

Grey Paintってこんな色なのか。

実物初めて。勉強になる。メモメモ。¥1,200,000

うーん、眼福

¥ASK

写真撮っても嫌がられないのがいいね。
デジカメWatchにはこの飾り棚の下の引き出しにもお宝隠されてると書いてあったな。見たい。

カスタムペイントの提案も。実際は関東カメラへの中継ぎ。納期半年ってなってたけど多分1年ぐらい帰ってこないんじゃない?w

 

斜陽産業とレッテル貼られ、オリンパスがカメラ事業売却とかな寂しいニュースが流れる中、従来路線じゃないこういう店舗が出来て盛り上がるのは喜ばしいこと。まあ賑やかになってるおかげで主にLeica系の中古相場が上がってるのはちょっと切ないわけだけど。

 

買わんとか言いつつ、ご祝儀がわりになんか買ってあげた。
まさか、ごひゃくさんじゅうまんかあ?!

 

 

4 Comments

  1. 大阪難波のキタムラが急にお洒落になったのはこういうことだったんですね!

    • 見てきました。おお、ほんとだ!屋号はいつものキタムラのままなのにめっちゃお洒落ですね!キタムラの逆襲の狼煙はすでに大阪であがってたのですね!というか自分が知らないだけで、関東のどこかにもお洒落キタムラがあるかもしれません!
      情報ありがとうございます!

  2. CCC傘下とは知らなんだ、、、CCCは社員時代の取引先だったりフリーランスで何度も仕事しましたがいつも相性最悪でした^^;;(不思議、、)
    あ、ご無沙汰してます^^;;

    • 相性最悪=嫌い、ですね?あはは(笑)
      自分はコンビニやお店で「Tポイントカードはお持ち…」のくだりは人類共通の敵だと信じて疑わない派ですが、斜陽業界への肩入れ(出版業界のM&Aとかこのカメラのキタムラとか)とかオシャレ蔦屋とか見てるとCCCはリアルライフの旗手(vs Amazon)のようにも見えてまあ応援したくないわけじゃないんだよなあ、みたいな立ち位置に変わってきました。

      ご無沙汰です!そのうちお茶でも!

muu にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)