S・T・A・Y ・ H・O・M・E

SLの秋 [Durango & Silverton Railroad]

デンバーの空港でロストバゲッジし(後で知ったことはこの時まだおれの荷物は出発地北京にいた)、空港でスタッフに「絶対にお前の居るとこに届けるから !! 」と約束されるも全く信じられず、荷物が旅のどこかで届けられるためには行き当たりばったりに動くことも出来ず、スーツケースに入ってる空撮機を道すがら空に飛ばすことも叶わず、ちょっと悶々としてやさぐれそうになりながら『ロスト・バゲージ イン デンバー』(作曲おれ作詞おれ)を口ずさみ南に向かってドライブしてたおれの目の前に現れた煙吐く鉄の塊。いやん癒やされるやん!

Durango & Silverton Narrow Gauge Railroad
この日の目的地デュランゴから少し北のこのシルバートンまでの72kmを蒸気機関車が毎日運行されてる保存/観光路線。
去年レストア完了しお披露目された世界最大級の蒸気機関車Big Boy (Union Pacific 4014)みたいないかにも大陸!なのとは打って変わり、ナローゲージなこの感じはデゴイチしか知らない和☆ボーイなおれにも愛着湧くサイズ感

駅とは少し離れたところに方向転換用の引き上げ線があって、そこに待機中のこの編成。

日本のよく知られた1067mm(3フィート6インチ)よりずっと狭い、アメリカンナローな3フィート軌間。

 

シルバートンの駅はというとこんな感じで

列車止まってるから駅っぽく見えてるけど、枕木がない線路は砂利に埋もれてるわ、道路と地続きだわで街のメインストリートの端っこに蒸気機関車が停留してるという不思議な光景。

下の写真の交差点を右に曲がるとSLが停まってる、みたいな。

クルマなので乗ってくわけにも行かず、一足先にデュランゴへ。
ホテルにチェックインしてのんびりしてたら汽笛の音。ホテルからデュランゴの駅まですぐ近くだったのでダッシュ!

やはりというか残念ながらCovid-19の影響で現在は運休してるらしく、おそらく今シーズンの運行はないっぽい。どこもかしこもほんと大変そうだね。

4 Comments

  1. 相変わらず心が持っていかれる写真を
    ありがとうございます^^

    いつになったら落ち着くのかはわからないけど
    いつか行ってみたい~^^
    それを楽しみにいまは生まれたばかりの赤ちゃんの育児とものづくり~w

    • otさん、コメントありがとうございます。

      >生まれたばかりの赤ちゃんとものづくり
      うおお!まじですか!おめでとうございます

      ただ字面だけで妄想するにすでに赤ちゃん用に何かを作ってるようにも聞こえて、なんかマッドサイエンティスト的な?とか思いましたw
      22世紀まで生きる人ってことですよねー。地球なんとかしないと!!

      • >うおお!まじですか!おめでとうございます
        ありがとうございます^^

        私以上のものづくりスキルを引き継いでもらえたら
        おもしろ・・うれしいことです^^

        >22世紀
        ほんとそうですねぇ
        楽しい未来を見続けてほしいものです^^
        おじさんはその手助けをがんばらんとですね

      • いやいや受け継いでもらいましょうぞ!
        ってまあ親がどう思ってようが子は気にせずどんどん違う方に行っちゃうのかもしれませんがw 楽しみですね!

        otさんが楽しい未来のために頑張るのをそっと電柱の陰から応援させていただきます!

muu にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)