S・T・A・Y ・ H・O・M・E

軍艦島遊覧飛行

軍艦島エントリーその2。
よーーし、今日は空飛んじゃうか !!

従軍カメラマンとしてのミッションを程よく切り上げ、チャーターしてあったヘリに乗り込み(嘘)、空から撮影を試みる。

外洋側全景

GnknIslnd_2_01

世界一人口密度の高かった軍艦島。その海上都市っぷりがよく分かるかっこいいビュー。島をぐるりと取り囲む堤防壁が城塞都市の様にも見えて、そんな見方もまたかっこよし。
さらにこちら側の海の下には軍艦島の縦坑から繋がる海底炭鉱が広がってるなんて思うとロマン倍増。

堤防に接近。

 

GnknIslnd_2_18なんというか結構ツギハギで荒々しい。

海沿いの建物は手前から31、39、48、51号棟。奥には神社の祠が。
39号棟がピンクっぽいのはほんとにピンク色だったらしく当時はピンクサロン公民館。
その手前の荒れた部分は50号棟となるレンガ造りの昭和館という映画館があったんだとか。台風で倒壊したらしい。

艦のお尻をぐるっと回って東側へ。GnknIslnd_2_13もとあった炭鉱としての施設がほとんどなくなってしまってこちら側は見た目すっきり。右側の広場が運動場で今回の撮影のベース。その横の手前に向かって立っている建物が70号棟、端島小中学校。

この島をよく知るY子さんが今回上陸した時この建物を地上から見て屋上の異変に気づいてた。少し前に来た時はこうではなかったと。

GnknIslnd_2_11

自分は以前の状態を知らないから“軍艦島 空撮”でGoogle画像検索してみた。うお!最上階が崩れちゃったのか!

ってことで、上から状況を確認すると

GnknIslnd_2_04

うひゃー、こえー。最上階部大崩壊。
もちろん関係者は把握してるんだよね?

GnknIslnd_2_12

ネットによるとここは後から増築した部分らしい。どうやらすぐさま下部が同様な状況になるとは言えないっぽくて一安心。ただしこの建物は基部が露出してそこに海水がばんばん入ってきてる。倒壊するなら下から一気にいくのかも。

学校の奥がコの字型の例の65号棟。
この最上階は保育園だったとかで名残りのすべり台が。

GnknIslnd_2_14

ここから左のほうに行くと島の最高部にある端島神社方面

GnknIslnd_2_05

 

こうしてみると建物の屋上と島最高部はほぼツライチ。
これは遊び甲斐があるねえ。島の子供らはどんな冒険したんだろか。かくれんぼとかすごいよな。

艦の船首のほうへ。

GnknIslnd_2_09

写真右側の桟橋(ドルフィン)から繋がる遊歩道がツーリストが唯一歩ける場所

GnknIslnd_2_20夕暮れ間近。
さ、このままヘリで長崎へ(嘘)

動画はまたそのうちに…と言いたいとこだけど上のアップした写真で御察しのように実は今回長崎市からキツい申し送りがあった。

「建物の上は飛ばさないでください」

ま、まじデスか!

世界遺産になってしまったおかげで、どうやら世界遺産以前よりも厳しくなってるっぽい。
S○NYのあんなグダグダなアクションカムの空撮ビデオが許されて、どうして以下略シクシク。

そんなこんななエアリアルの結果がつまりこれできっと動画繋いでも面白くないという予感。

飛ばしつつ
「こんなの長崎市の承認なくても撮れるじゃん」と思ったことは内緒にしておく。(調べると堤防は長崎”県”の管轄で、軍艦島立ち入り云々の条例は長崎市によるもの。つまり堤防は適用外。つまりそこからマルチコプターを以下略)

ああリベンジしたい。
いやまじにさらに崩壊が進む前にちゃんとした映像を撮っておくべきじゃない?ねえアニキ!

10 Comments

  1. うっひょ〜! 超かっけー!(笑) 被写体が特別なことも相まって、muuグレーディングがいつになく冴えてますねぇ。すごい見応えです。感動しました。そして、帰りの道中『今回のは繋いでもあまり面白くならないと思う〜(泣)』と言ってた理由は、そういうことだったんですか。それはでも、きっと muu様基準がストイック過ぎるだけで、ぼくらシモジモの者は、普通にありがたく拝みながら見とれちゃうと思うんですけど〜!(笑)

    …ただ、理由はぜんぜん違うけど、リベンジに行きたいのはぼくも同じ!(ぼくの理由はもっと低レベル(泣)) これ以上、崩れない内にもう一度! 寺さん、直樹と、またなんか考えます。(^_^;)

    • アニキ、マジすか〜。嬉しいお言葉ありがたく頂戴いたします!
      シモジモ(笑)じゃあおれカミガミ?上げる人と上げない人の呼称??
      ストイックというかほんとに面白フッテージないんですよ。山崎さんはなんか楽しそうなもの撮ってましたけどね。アニキの完成品にどう使われるか楽しみです。
      >リベンジ
      ぜひ!そしてその時はぜひおれも!(^∇^)

  2. はじめまして。プラトグラフィコと申します。
    突然ですが、ここにちょっと感動メモさせてください。

    Spectacularな島全景の美しさも、さることながら、
    目にとまったのは、屋上に取り残された遊具のすべり台。
    軍艦島には、日本で最初の屋上緑化といえる屋上農園がつくられたとありますが、

    屋上保育園の滑り台を目撃した途端に、ココロのひだにザワザワ感が。
    こんな廃墟の、しかも、建屋屋上になんと鮮やかな人の気配や生活の名残。
    島の廃墟感と対比するまだ、生きてる夏草の青さ同様「刹那」いです。
    「人は土から離れて生きられないのよ。」by 天空の城ラピュタより。
    そして、整然とならぶ屋上煙突が、ガウディのグエイ館屋上煙突を想起させたかと思えば、
    その先に広がるインフィニティな海の構図まで。妄想の飛行艇から帰還できず。
    超絶クールな遊覧飛行に相当やられました。
    リベンジ楽しみにしています。

    • プラトグラフィコさん、はじめまして。
      うっはあ、なんという情感豊かな描写、そのままこのエントリーに採用したい(笑)ありがとうございます。

      当時ここに住んでた方たちには普通に日常だったのでしょうが、仰る通り水平線まで見渡せる青い海とこの高層の緑ある場所で営まわれた日常はちょっとしたものですよね。三丁目の夕日的映画をここ舞台に作ったらウケそうです。

      >煙突
      そっかあ、これ煙突だったのか。ご教示ありがとうございます(笑)ほんといろいろよく分かってないまま飛ばしてました。ますますリベンジしたくなりました。

  3. いかす!ありがとうございました!
    ちなみに当時は島にまったく植物は無かったので
    この角度の景色もまたぜんぜん違ってたんでしょうねえ。

    • うお!まさかの寺田さん降臨!!こんなとこに来て頂いて座布団座布団…あとお茶お茶

      その節は楽しい思い出をありがとうございました。

      いかしますか!まじですか!ありがとうございまっす!笑
      寺田さんが描かれてた草ぼーぼーの65号棟の中庭の公園も当時はあんなじゃなかったんですよね。ほんとリアルファンタジーな世界でした。そんなとこを寺さんとご一緒出来たんですねえ。ああ、ほんといい思い出です。

      同行の某女史がなにやらやろうとしてるのでそのうちどこかでお会い出来ること楽しみにしてますです^^

  4. muuさんいつもながらスバらしいレタッチですねえ、実に味わい深い!
    ぜひぜひ動画も見たいですぅ。

    私も世界遺産登録前に生エアリアルやったんですが、乱気流で高度が下げられず残念な結果に終わりました。
    ああ私もリベンジしたい~!!

    • ゴリさん、ども。

      おお、なんとまじですか!
      しかし生エアリアルって(笑)そうかゴリさんはそういうお方だったんですか。
      いやあ、すごいです。ぜひともリベンジしちゃって、その顛末をお教えください!!

  5. s⚪︎nyのグダグダなアクションカムに吹きましたよ。
    シー!

    • だはは!言っちゃダメですね!
      ギンバルはサーボだわ、撮ってる絵はモニタリングしてないわ、あの当時ですらホビー以下レベルなんですよね!あ、言っちゃった! しー!

muu にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)