午後から風も出てきて、ちょっとしたトラブルというか事故というか崖からすべって落ちた(笑)こともあって、エアリアルシュート業は店じまいした。もっと撮りたいんだけど、何かの兆しを感じるのは重要ってことで。

5m落ちたぐらいで木もあるところだったので体はほぼ無傷な上に、そのときもちろん飛ばしてて送信機を首からぶら下げてるわけだから、転げ落ちる時にとんでもない操作が入力されたわけで、機体は崖の下に真っ逆さまなわけだけど、こっちも全くの無傷で回収というミラクル。詳細は省くとしてペラ一枚折れてもいないってほんと奇跡以外の何物でもない。さすが、神に仕えるものたちが住まう聖域。ほんと感謝です。いやほんと。

飛ばさなくなったので、やっとこさiPhoneではないカメラで写真をパシャパシャ撮ってみる。
そんなわけで、ここでの滞在延長はせずに予定通り写真を撮りたかった場所のあるところへ移動することに。

20140103-195723.jpg